鹿児島flight 1863


許容するとはどういうことか?

普段、筋だとか仁義などとのたまっていながら約束も守れず、その場の雰囲気に流されるヤツがいる。
かたや大言壮語もなく、愚痴も弱音を吐かず黙々と生きるやつもいる。

だが俺はそのどちらにも一見同じような振る舞いをする。

許されるべきでないのは前者ではなく、俺のほうだ。

怒りも痛みにも慣れてしまわぬよう。

ちょっくら、これから鹿児島、熊本を旅してきますわ。

つれづれ旅日記にお付き合いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。