黄昏の東京に響く閃きと煌めきの調べ

渋谷セルリアンタワーへ。

宵闇へ向かう刹那の空の色調は一日でかなり好きな時間。

セルリアンの中のジャズクラブ「JZ Brat」で
ヴィブラフォン奏者山崎史子さんのライブ鑑賞。

ディス イズ プロフェッショナル。

ソフィスティケイトされた音、
チャーミングなキャラクター。

音楽とは怒りと叫びの美学として育ってきたから
高い演奏力と感性、音楽を楽しむ姿に表現者としての
奥行きを垣間見たような時間。

楽器でも筆でもカメラでもフライパンでもバットでも
そこから紡ぎだされる感性の放物線。

今、立っている場所からさらに一歩、心の旅を続けよう。

明日の今頃は僕は汽車の中。
茨城県守谷ロックシティ「アトリアン」で13:30より
イベントです。GWの最終日、カモンッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。