53blues

またひとつ、歳を重ねた朝。

いつものように5時起き、アトリエで作品制作、愛鳥ポンタを起こし、カフェオレ飲みながら戯れる。

筋トレして、近所の郵便局に作品を出しに行き、大きな公園の周りを走る。

当たり前を重ねられることが本当に嬉しい。

手にしてきたもの、背負ったものを少しづつ減らし、大事なものが輝き出す。

でもそれとて永遠じゃない。

これからも派手なことはなく、地を踏みしめて、今日書くことを大切に。まず今日一日を大切に。

そんな落ち着いた考えで迎えた53歳、そんな落ち着いたスーツを新調しましたよ。

もちろん仕立ては「洋服の並木」。

荻窪の地下道が1950年のロンドンのテディボーイ(不良少年)の巣窟に。

まぁそんな悪ふざけもします。

そしてまだまだ書画家として表現したいことがあり、必要とされる限り一生懸命に。

これまでも、今朝も、これからもこれです。

愚直。

誰かの、生きるの側にある書画。

それを静かに創ってゆきます。

これからもよろしくお願いします。