粋 筆文字

新型コロナウイルスの猛威で大変な一年でした、3月に母が圧迫骨折で救急搬送され3ヶ月入院。面会謝絶ながらも洗濯などで週に一回は病院に行き、現場の大変さも見てきた。

世の中の混沌と取り巻く状況の焦燥のなかで、見えるもの、聞こえること、見えないもの、聞こえない声、想像を巡らせずっと考えていた。

自分のためだけでなく、医療機関、家族、仕事の負担などの面から健康を考えるようにもなった。

経済に影響を及ぼすような仕事ではないけどw

ただ、「書く」ということから「書くことの喜び」を伝えることを始めた一年でもあった。

オンラインアート書道教室。

これまでにない環境、状況から楽しみで共鳴できることをテーマに行動してきた。

 

粋がって、意気に、ワクを取っ払って、純粋さを持って、深く息を吸い込んで。

今年もありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)