勇気凛々 即興書

今朝のオンライン配信、五分間の即興書。

予定していたものを差し替えて、兜にしました。

松山選手、おめでとうございます記念。

まさしく勇気凛凛でした。

強くて謙虚、そんな人を久しぶりにニュースで見た気がします。

急遽、スタジオ一階に飾ってあった兜人形をスタジオに呼び寄せて。

感性を柔らかくして、その時の流れや気分で、今を表現する。

そんなのもアート書道の醍醐味です。

 

 

21年ぶりの書

先日関西にお住まいの方から作品の依頼をいただいた。

内容を見てみたら2000年に大阪でイベントをやった時に来てくれて、その時に生まれたばかりのお子さんに書いてもらったとのこと。
息子さんも二十歳を過ぎ、今回母親卒業記念と自身へのねぎらいの書をというものだった。

20年の日々を越えてこうして繋がるご縁。

額装してずっと家に飾ってくれているらしく、当時書いた物を写真で送ってくれた。

20年前に書いたものなど自分の手元にないのでなんだか不思議な気持ち。

とにかく20年、息子さんの成長ともに作品があり続け、当時と連絡先なんかも違った中、再度書かせていただけることに涙が出るほど嬉しかった。

心込めて、お母様に創らせていただき、息子さんには当時と同じ言葉を今、書かせていただいた。

残り続けることの意味を再度考えて、これからも一つひとつ大事に作品と向き合ってゆこう。

その時のパーティーはDunhill主催のもので各界から著名人もたくさん来てて、あるサッカー選手にも書いて、その方はその後日本代表のキャプテンになり、やがてJリーグの監督にもなった。ずいぶんな時が流れたのね。

20年、あちこち痛くなってくるわなw

 

続けていればこそ。

咲かせよう。

 

 

 

 

望 書道

ありがたいことに作品依頼を多くいただいており、制作に集中の日々で更新が滞っておりすみません。

昨日の教室は参加者様、スタジオに来られてマンツーマンレッスン。

小学校の先生で四月から授業で子供さんたちに教えるとのこと、素晴らしい行動力。

習得する能力が長けていて書道経験が無い中でもどんどん吸収し、表現に活かしてゆく。

そんな空気にインスパイアされて参加者様のリクエストで私も一枚。

望みは大地に強く根を張り、しなやかに。自分ひとりではなく、隣にいる人と分かち合えるイメージで左右に伸びてゆく感じに。

90分のレッスンを終え、日本茶と築地の銘菓を楽しみながらティータイム。

参加者様が感じている教え伝える人としての喜び、責任、救い、結びつき。

自分自身の実体験を交えていろいろと話をさせていただきました。

遠回りしながらも自分のやるべきことを信じて今まで学んできたことが活かされてきている。本やテレビやネットの情報ではなく、現場に立って肌で感じてきたこと。書くだけではない、心の対話。

そこをさらに繋ぎ、表現を通じて出来ることを掘り下げてゆく。

 

ライブ配信では五分間で書き上げる即興書。

日本はもとより、メキシコやイタリアからも生で繋がりコメントをいただく。

 

書や絵で多くの交流を。

今日も作品制作とカープ。昨日は優勝候補の強敵タイガースに1-0の痺れる勝利。ビールが染み入りました。

天真爛漫 書道

ここ10年近く、年越し蕎麦は練馬にある長命寺蕎麦豊島。

更科系の品の良い蕎麦が心地良い。

「新年会やろう」と言ったきり、年は明け、もう桜の季節。

久しぶりにランチにちょっと顔出し。

カレーうどん、美味いじゃないか。

ビールは飲めないけど店主に再会し、うどんで温まった。

 

今日のスタジオ、配信ではこちらを書いた。

天真爛漫。

なんとか、明るく無邪気に気持ちを持っていきましょう。

以上、レディーガガの犬より。

夢 筆文字

先日のオンライン教室で参加者様のリクエストで書いた「夢」。

リクエストや想いを聞いて一緒に書いたりもします。

その言葉や情熱があってその場で生まれるただ一枚の書。

ライブの形は変わったけど、瞬間の閃きであることには変わりない。

進化し、磨いて。

飛び出したリアル鳥獣戯画と書。

こちら築地のスタジオのもの、ライブ配信時のバックに飾られてあります。

昨日はそのスタジオにて打ち合わせ。近々触りの部分の無料ライブ配信を始めます。本編のアート書道教室もエンターテイメント要素を盛り込み、さらに楽しみながらできるようにブラッシュアップしてゆきます。

ちなみに「触りの部分」って「始まりの部分」って思われがちだけど、本来は「大事な部分、重要な部分」って意味。

ウンチク、やかましいね(゚∀゚)

またちなみに鳥獣戯画って描かれた詳細な時代や、作者、何を伝えようとしたのか未だわからないんだって。

やかましいこと言ってますが、モノづくりは、しのごの言わずやります。

ちなみにこの「しのごの」とは語源由来辞典によると、サイコロ賭博で丁(四)が出るか半(五)が出るか迷うところからという説。 「一も二もなく」といえば「即座に」「とやかく言うまでもなく」といった意味であるが、「一」や「ニ」どころか、「四」や「五」までもぶつぶつ言うことから来たそ‥…。

 

粋 アート書道

枠からはみ出すように粋がりたいね。

押し付けばかりで想像力が足りない世の中だ。

アメリカに目を向けても、みっともないよな。
罵り合っているうちに、日々をなんとか生き抜くギリギリの人たちが暴動を恐れて店先にボートを打ち付けなきゃならないなんて。

これから求められるのは「想像力」。

自助、共助、公助を謳うなら「想像力」を伸ばす教育や環境作りを早急にすべき。

自分も書や絵を通して、少しでも多くの人の「想像力」を伸ばせるように尽力してゆきます。

そういう出会いがある場所に向かってゆく。

本日ゴゴスマ 出演します

本日22日TBS系午後の情報番組「ゴゴスマ」にジャニーズのタレントさんにアート書道を教える内容で少し出演します(15時40分ごろ)
よろしければご高覧ください。
コロナ禍の中で新しい繋がりを構築していた。
「見る」から「生み出す」ことで創造の楽しさを伝えて行けるように。
禅で言うところの<主人公>、一人ひとりの個性やアイデンティティを伸ばせる表現。
その一つ、築地本願寺裏の築60年以上の古民家長屋をリノベしたモダン和を発信するスタジオを拠点にオンライン アート書道WS 「WActivity japan」をスタート。

喜びや発見を結ぶ「生きる」の側にあるアートで少しでも役に立ちたい。

新スタジオ

築60年ほどの古民家をリノベした築地の新スタジオ。

本物だけが持つ歴史の重厚さとモダニズムの融合。素晴らしい仕上がり。

眩ゆい光の中。

ここから世界に発信。

詳細はまた後日。

築地って明るい時間に来たの初めてだけど、こう、なんか波動というか、相性というか、降り立った瞬間に感覚にピタッと来た。説明できない何か。

リハを終え、ちょっと散策。

いいとこだ。

やってやろう。

 

 

新しい始まり

新プロジェクトに向けて、準備は着々と。

これまでにない書のアプローチを仕掛けます。世界中のより多くの人に対してアート書道を楽しんでもらい、可能性や個性を広げていけたら。

そんな気持ちでいろいろ考えています。

コロナ禍などと言って逃げません、ならば安全、距離、対策を講じて新しいあり方を創ってゆく。

暑さにも負けねぇ、と調子に乗って走り出した。

いや、暑くてかなわねー(//∇//)