青い空見て深呼吸

今日にも発令。

長期入院中の母の病院ももちろん面会謝絶。

青空が切ない。

看護師さんに状態を聞き、帰り際に心から労いの言葉をかけたら

「その言葉で私たちは救われます」と。

コロナだけでなく、その他の医療の現場はいつもに増して本当に大変。

医療関係の方に迷惑をかけないためにも、家族や友や大切な人のためにも今は静かに過ごそう。

批判よりも協調。

 

書、絵、料理、家でできることをアップしてゆきます。

表現してゆくことしかできないけど、ここは沈まぬようなものをね。

絶対に這い上がろう。

曇天の桜

昨日、母の転院があった。

今月始めに救急搬送され、即入院、翌週に手術。

精神状態もおかしくなっていると聞く中、コロナによる面会禁止。

転院は医師とも相談し、自分の車に母を乗せて移動することにした。

約一ヶ月振りに会えた。

病院から病院まで15分、

たくさん話を聞いて、たくさん励ました。

嬉しかった。

会話が噛み合わなくなることもあるけどそれでも側にいることが嬉しかった。

思うにならないからよけいに。

しかし俺の感情なんかより、母が頑張れるかどうか。そこに尽力したい。

今回、四人のドクター、多くの看護師さんと話し、病室に入れない分、俯瞰で医療現場を見てきた。

大変な世界だ。

冷静で、気持ちに寄り添い、自立を促し、スピードを求められ、失敗の許されない現場。

本当に感謝しかないです。

生きる、生かすを日々考えさせられている。

実家に泊まり、今朝は4時に起き読者。夜が明けて走る。

咲くも、散るも。

「普通」は「当たり前」じゃない。

 

 

 

リンゴな週末

普段からそうなんだけど、

Kindleで本を読んで、

アップルTVで映画を観て、

Illustratorでデザインして、

Garagelandで音を録ったりして、

ひとりでいることが好きだけど

結局、appleとともに暮らしてるんだな。

静かに過ごしたい。

いつも。

自分で決めれば、そこに光を見つけることができるよ。

勇気ある一投

阪神タイガース藤浪晋太郎選手の公表。

啓蒙となればとの判断。

 

本人と球団の勇気ある決断から学ばなければなりません。

投球同様、強くまっすぐな考え方、アスリートとしての資質と共に、人としても素晴らしい。

闘将星野監督の言葉を書きました。

大難を忍ぶ者は大善を引き起こす

この時期に心に持つべき言葉ですね。

藤浪選手、しっかり静養して、一日も早く良くなることを願っています。

 

 

 

想像力

今朝、連載誌の原稿を仕上げた。

世界的困難、個人的な状況から「想像力」について書いた。

ウイルスや人の心など、

見えないものに直面している時こそ僕らの「想像力」が重要になる。

本文にも書いたけど想像力は自分の領域を超えて他者と繋がること。

スーパーマーケットの灰色の商品棚の空虚に、想像力ってものを並べてみよう。

人間ってすごいだろって宇宙に共存する全てに響かせなきゃ。

土と太陽

昨日は年に一度、多摩地区の農家さん5軒を訪れて、畑に立たせていただく日。
久しぶりに土に触れた。

優しい人ばかり、一年中、土と太陽と共に生きてる。

人知だけではどうにもならない自然との共同作業。

つくづく農業とは未来への想像力と宇宙との対話力。

森羅万象の声。

ここにいながら、まんじりともせず、

しかし、想像をして、耳を傾ける。

柔軟心

良き方向でも、その逆にしても決めつけて考えない。

ただ、今に集中。

起きてしまったことを悔やまない、

起こるかもしれないことに怯まない。

今、最善とは何か?

固まった、偏った見方に陥らず、自分の中の答えを問うてゆく。

 

ソウゾウ

世間的にも個人的にも張り詰めた毎日だけど

創造だけは止まることはない。

痛みや喜びが推進力になる。

筆の動きは心の叫び。

想像はどこにいてもできる。

そしたら描いてみればいい。

創造できるさ。

 

蒼を見上げて

昨日、入院中の母の手術があり、見届けてから、主のいない実家でひとり過ごす。

換気をし、花に水をやり、汚れるわけもない部屋だが掃除をしてみる。

湯を張り、一息。

本を読んで過ごし、少しの酒を飲んで寝る。

不思議な感じだ、

5時に起き、ラジオを聴きながら制作。

静かだ。

心の平静を持ちなさいと静けさが教えてくれているよう。

ひとりに対峙する、

世間もこんな状況だから、誤魔化さないでその「ひとりに対峙する」ことが必要なのかも。

地元を走る。

まだここにいる。

蒼を見上げて。

 

 

 

 

live strongly.

小さな不幸が大きな不幸を回避させている。

強く、生き抜け。

魂がなんといっているか。

いつだって変われる、

幾つになっても成長できる。

恐れるな、

 

live strongly.