摯実 筆文字

白い筆ペンという便利かつ、それっぽくなるツール。

イラストのハイライトとしても使えます。

ムラが出るようにベースを黒く塗り、白で書く。

フレーミングすればこんな感じ。

和っぽくなりすぎないので洋間にも合います。

「摯実」

政局、慌しいですが、この部分、忘れずに国民に目を向けていただきたいですね。

タイムカプセル書 〜10年前の君から

先日ある荷物が届いた。

かつてたくさんの作品のご依頼をいただいた方からだった。

当時そんな中で多くのやりとりをさせていただき、人となりもわかった。

とても繊細でいて大らか、

物事をしっかり見つめるけど前向き、

自分の価値観をしっかり持ちながらも多くを分け与える器の広さ。

そんな印象の方からの久しぶりの届け物。

開封してみる。

出てきたのはこちら。

記憶が蘇る。

そう、過去にこんな依頼をいただいた。

「10年後の高野さんに宛てて作品を書いてくれませんか。それを私が保管して10年後にこちらから送ります」

タイムカプセル書のご依頼。

あれから10年、作品が戻って(送られて)きた。

覚えていてくれたこと、そしてこうして送ってくれたこと。

まずそれに感動。

2011年、東日本大震災。

2021年、コロナ。

平成22年の私が平成33年の私に書いた言葉。

今年の日本も大変だよ。

旅は行けなくなったけどベランダに人工芝敷いて空を見てる。

まだ書かせてもらっている。

当たり前などない。

一人でやってこられたわけでもない。

Oさん、ありがとうございます。

今までに感じたことのない気持ち。

一書渾身。

改めて、行けるとこまで全力でやります。

影文字 練習

制作の合間に筆で遊ぶ。

フリーハンドで影文字。

いろいろ試して、練習して、遊んで、技術と表現の向上につながれば。

書く楽しみ、創る喜びを一人でも多くの人と共有したい。

一方的な表現ではなく、一緒に書いて分かち合う。

コロナになって強く芽生えた気持ち。

そのためにも少しでも、昨日よりも、

相手の気持ちを感じ取れたり、伝えられたり、技術的にも上手くなりたい。

BLUE resistance

仕事として絵を描き始めたとき、テーマとして「蒼」があった。

小さくはないサイズの蒼を約一年にわたり描いた。

表現は抵抗。

脳内の矛盾を解くように絵は解放に導く。

蒼、

夜の蒼で一杯。

幻想的な自然の色。

どこにも行けなくても、

想像することができる。

書や絵にはその翼がある。

 

 

前へ 筆文字

新しいこと、拓いてゆく。

我慢の大切さもわかっているけど、
待っていては変わらない。
時代の変遷に阿ることなく、普遍的な活動を。
時代の変遷に対峙して、瞬発的な発想を。
相反するふたつに見えるけどそうでもない。
やればわかる
ってことをずっと重ねてきた。
成功、失敗に関わらず、やってもわからなかったことはまだやりきってないこと。
足りない頭でもわかるまで
進んでゆく。
iPhoneから送信

葉の声

暑い葉月。

どうぞ無理なく。

スイカでも食べて。

いろんなことが溢れ返り、分断が避けられない状況ですが、どうか自分の心は持っていかれないようにしましょう。

それはただひとつだけ。

そのひとつを大切にしてください。

深呼吸。

籠の中の不自由ならばその中で深く愛してあげよう。

オリジナルワインラベル 蛙

飲食店の苦境が続く中、知り合いの店にエール。

お店のロゴやイメージをオリジナルな形に。

絵を描くことくらいしかできないけど。

今は個人的に楽しんでもらい、家で一杯やってもらいたい。

やがて店に大勢のお客さんが集まって一杯やってもらえる日が早く来ることを願って。

沖縄好きの夫婦なので、偶然にも泡盛の銘酒「泡波」っぽいカラーリングになりました。

こちらも我慢の家時間ですが新しい楽しみを作りました。

ベランダに芝生。

早速ランチ。

チートデイはバターチキンカレー。

大地に寝転ぶ気分。

先日はここで寝落ちしました。

空、水、土、緑、風、星。

早く旅から創造のインスパイアをもらいに行きたいです。

 

 

抽象画 青

こちら半年前くらいに描いたもの、なかなか気に入ってる作品です。

微妙に濃度が違う青を何度も重ね、乾く前に指先で叩くような感じで隆起を作っていきます。

いろんな色を使うより、ひとつの色を重ねたり、薄めたり、筆のタッチを替えて深みを出すのが好きです。

派手なフックを入れたくなるのをグッとこらえて(^_-)

いかにシンプルにして、イメージを表現できるか。

簡単ではないけど、楽しいです。

作品制作でイメージしたような、冷静で寛容で寡黙でシンプルで深みがある、
そんな男になれるようにという切なる願望も入っていますw

 

 

縁 アート書道教室

昨日は12名の学校の先生方とzoomでオンラインアート書道教室。

書道経験者も、初めての方も、同じスタートラインから
新しい発想でみんなで創り出してゆく。

先生という仕事柄なのか、理解力と受け止め方、そこからの想像力、コンセプト作り、伝え方、表現力が素晴らしかった。

これまでにない個性的な表現方法の連続に感動しました。

また改めてひとつひとつ書かれた作品をじっくり見たいと思うほど。

皆さまのあまりの想像力の豊かさに時間を忘れ、私が終了時間を間違えて押してしまったのはご愛嬌。

ひとりひとり、ひとつひとつ。

そこに宿る創造性と共鳴。

教室などと謳っていますが、これはセッション。

自分を表現すること、他者を受け入れること。そこから生み出される感受性。

貴重な機会をいただき、学ばせていただきました。

終了後のスタジオにひとり。

zoomでモニター越しにそれぞれの場所から繋がるって未だに不思議だなと感じますw

状況に屈せず、いろんなやり方を見つけてゆく。

可能性を自分で見切らないように。

スタジオでのライブ体験、オンライン体験どちらもこちらから↓

wactivity japan

 

参加された方からリクエストのあった言葉の即興書。

漢字は全て繋げて終わりがないことを表現、縁(円、援)は無限に広がってゆくイメージ。

こうしていただく縁に感謝して。

 

 

タイガース 手書きラベル

仲間の花屋さんに顔出すんで。

そこの主人、やっかいなほど想像力豊かな男なんで。

だからいつも素晴らしいフラワーアレンジと面白い遊びを楽しませてもらってるんで。

「カリフォルニアのフルボディのワインです、良かったら飲んでください」ではやはりね。

タイガーズをこよなく愛する方ですので、ここは5位のチームの私が首位の絵を描くのも失礼かなと思いつつ。

オリジナルタイガースラベルワイン。

ブラックのボトルは映えますね。

おかげで時間かかったよw

 

想像を交換するのはホント面白いですね。

仕事も遊びも境界線なく、作る(思いを込める)ことを大事にしたいですね。