朔日の龍

下半期の始まり。

今月は書きまくってみようかと。
四の五の言わずに、もがきまくって、進んでゆくしかないだろ。
こねくりまわしてる余裕も、指くわえている客観性も持ってない。
そうやって、いつかはよ、そう、いつかは
水のように形を持たず、流れ、色に染めずってさ。
しなやかな心を持てるように。
まぁ、そういう感じで
今月も筆と戯れてゆきます。

<作品紹介>  おわんのメニュー

ずっと書かせていただいている池尻大橋と代々木八幡にある
おわん」さんのメニュー。

毎月、各店舗四枚手描きです。
新聞紙一面大の大きなメニュー。

それにその月の表紙絵、スポットメニューなんかも加わります。

来月は熊本地震から復興し入荷が始まった馬刺、
岩ガキ、コチ、鮎、すずき、とうもろこし、大長なす、完熟トマト…
夏を届けるラインナップ。

毎月、旬にこだわりこれだけのメニューを替えるのですからすごいお店です。
ミシュランのビブグルマンを受けるだけのお店です。

器もライティングもおもてなしも心も秀逸な和食料理店です。

おわんさん、いつもありがとうございます。

ロゴやメニューのお問い合わせは
http://www.takanokoji.com

絵付け稼業

夕方から歌舞伎町に移動し、出所者支援居酒屋「京丹後屋」へ。

日本駆け込み寺代表の玄さんの白磁の人形の色付けに。
真面目にやっています。
福を招く笑顔。
そしてこの後、ご当人とゆっくり最高の酒を堪能しました。
そしてそして、7月16日仙台国分町駆け込み寺4周年記念イベントに出させていただきます。
大書の揮毫します。
ひとりひとりに書きたいと思います。
東日本大震災以降たった一人のあなたを救うための活動をされている仙台国分町駆け込み寺
ご興味を持たれたら是非ご参加ください!

Yahoo!ショッピングはじまりました

お知らせです、

もうご周知かと思いますがカープ軍の主砲、
エルドレッド選手が「右大腿二頭筋挫傷」で登録抹消になりました。
皆さまにおかれましてもご心配のことと思いますが

どうやら復帰までは2ヶ月くらいかかります。
ご存知の通りいつも全力プレイがモットーの彼ですから
怪我をしないかと危惧していましたが残念です、
しかしまたその一生懸命さがカントリー(愛称)の魅力ですものね。
幸い7月は22試合と少ないですから無理せずしっかり治していただきながらも
早い復帰を願いましょう。
以上です…。
…違います、お知らせしたいのはこちらです。
Yahoo!ショッピング」でも販売が始まりました。
人気のロングラン商品、ロンパースや作品を展開しています。
手書きロンパースはこちらアトリアンのみの取り扱いになります。
これまで通り「アトリアン 楽天市場」からもリリースされています。
もちろん全力でひとつひとつ大切に書かせていただいております。
エルドレッドもタカノもよろしくお願いします。

<作品紹介> 冷やし たい焼ポップ

季節メニューとして、冷やし たい焼のポップのご依頼を
京都にある「粉ものや 巌」様よりご依頼いただきました。

遠くからでもアイキャッチになるように、
また親子連れで子供さんにもはっきりわかるように
イラストを大きくして細かい字を書き込まず

夏らしさ、ヒンヤリ感を喚起できるイメージで

水色の和紙を切り取り貼付けました。
暑い京都の夏、ヒエヒエのたい焼、たくさん出るといいですね。
嵐山も近いので観光がてらにどうぞ。
Oさん、ありがとうございました。
作品のご依頼などは
http://www.takanokoji/com

カットウの巣の上で

絵は止めどきが悩ましい。

完成したつもりでも何日かしたら色を重ねてみたり、
墨だけで書き上げようとしたつもりが派手な着色になったり、その逆もまた。
完成作となってから発表したり納品するわけで
どこを持って完成とするか、自分しだい。
筆を置く勇気と
続けたい冒険心がせめぎあう。
「イマイチだな〜」と思うときにはその感情は付きまとわない。
あの葛藤を再びっ
と思い、また次もその次も書く。

我道一路

玄さんの還暦前夜の漢酒。

ブレない信念と行動力、
群を抜きん出る情宜、人情に篤い心。
社会とたくさんの人が必要としていますから
還暦迎えてもまだまだご隠居などできますまい。
こんなに過激ですからw

たったひとりを救う、
型にとらわれぬ、
唯一無比のやり方。

「我道一路」



駆け込み寺14周年&玄さん還暦パーティー

金、土曜と日本駆け込み寺14周年、

そして代表の玄さんの還暦祝いのパーティーで
いらした皆さんにもれなく書かせていただきました。

支援者、かつてのボランティアさん、
政界、大手企業、裏社会、マスコミ、
連日たくさんの人で賑わいました。

書いた数も100名を超えたでしょうか。
脳と眼の疲れと肩こりで最終回の後は
飲まずに帰宅、即ベッドに落ちたけど
やっていて感慨深く、
新しいアプローチもイメージしながらのパーティーでした。

まず本当に玄さんはじめ、駆け込み寺、
会場の京丹後屋さんのスタッフの方々の
おもてなしとお気遣いと暖かさとさりげなさに感服。
来場されたゲストの方も素晴らしかったのもその証左かと。
京丹後屋はオープンしたばかりだけど
この配慮と謙虚さと明るさに拓かれた未来を感じます。

玄さんの還暦祝いに息子さん、お嬢さんからサプライズのバースデーケーキ!
いつも自分を置き去りにして社会に尽力してるから
ご自身のこととなると面映く、あまり見せたことない表情でした。
玄さんとも出会って13年、
しかし時間の長さに甘えることなく
愛情と尊敬と礼節と感謝を忘れずに「今」を重ねてゆけたらと思います。

おめでとうございます。
最後になりますが、ご来場いただいたゲストのみなさま、ありがとうございました。

書いた言葉と交わした言葉がまたその未来に繋がってゆけたら。



今朝も5時に起き、ひと仕事
温泉が開くのを待って一番風呂、
マッサージとホットアイマスクで超回復。

塊こがして

昨日は友人のバンドのリハの打ち上げに参加。
リハの打ち上げに参加するヤツもそういないが。

ひとつのイメージがある。

「火をつけたい」

くまぇりじゃないぜ。

自分自身にこの時間に。

言い訳もためらいも捨て
熱くなるものへ飛び込むのだ。

情け無いまでに不器用だから
思うようにできないだろう、
失敗が絡みつくだろう、

だからトライを続けようじゃないか。

贖罪という過去への決別。

未来なんてわからない、



できることは「今」、
力の限り。


把手共行

結婚25周年、アメリカから来日されたご夫婦に書かせていただきました。

「把手共行」
字の如く「手を把って共に歩む」ということ。
それだけの歳月を重ねてきてこられたからこそ書いた言葉です。
英語の筆文字もどうでしょう。
極細筆を立てたり、寝かせたり。
縁や和(輪)を大切にってイメージです。
ただひとつ、
それにこだわって手から手へと。
作品のご依頼、いつでも承っております。
http://www.takanokoji.com