熊本地震支援チャリティ作品の寄付のご報告

本日、皆様からお預かりした熊本地震支援チャリティ作品の売り上げを

日本赤十字社平成28年熊本地震災害義援金に寄付させていただきました。
作品のご依頼、まことにありがとうござました。
それぞれの想いを確かに感じ、作品を書かせていただきました、
心から感謝申し上げます。
書家 高野こうじ

ゴールデンだって?

昨夜はプレミアリーグ レスターの初優勝を祝ってフィッシュ&チップスを作り

ひとりカープ戦を観ながらビールを飲んでいました。

GWでしったっけ?
浮世離れの皐月の初め。
レスターとカープ、
金満クラブに水をあけられ、下馬評も低く、
それでも泥臭く、チーム一丸となって…
そこはかとなく感じるシンパシー。
ウチもまさかのまさかの……首位ですよ(小声)。
今朝もいつも通り5時起きです、

すぐに制作の始まりです。
そして間もなく10時なりますのでいつもの
ジム〜露天風呂〜サウナ〜水風呂コースですよ。

カヴァとグリュイェールで深夜までおフランスの映画を観ることもなく、
潮干狩りでカラーバケツにバカ貝を満杯にすることもなく、
海外のプールサイドでマイタイ飲むこともなく、
バーベキューでキャッキャすることもなく、
書いている暮らしをもっともっと充実させたいと思う
つまらない男なんです、ワタシは。
GW。
どっか行った方がいいかねw?

静寂に書く

風雨に目覚めた夜明け前。

昨夜からじっと作品創り。
最近は墨絵をよく書く。
白と黒とその間の淡墨によってのみ構成される。
和紙や筆の選びも重要になってくる。
今朝も没頭。
うっすらとでも
そこから見えるならば
虹を掴むんだ。

Poco’ce (ポコチェ)掲載中

GW突入の昨日は渋滞も北風も我関せず、

グリーンプラザ新宿でたっぷり7時間

露天風呂とサウナとアカスリと水風呂と読書でデトックス&リラックス。
フリーペーパー「Poco’ce (ポコチェ)」にベビー服の記事が掲載されています。
都内コンビニ「サンクス」「NEWDAYS」などで手に入ります。
2007年から創っている人気アイテム、
出産ギフトとして好評いただいております。
100%完全に手書き。
詳しくはアトリアン 楽天市場より。
レビューも嬉しい言葉をいただいています。
よろしくお願いします!
今日もこれからジムと風呂とサウナ、キメてきます。

渋谷club crawl

昨夜は渋谷club crawlに「THE PRIVATES」「水口晴幸with ROLLOVERS」を観に。


久々のTHE PRIVATES。
メジャーデビューする前の俺が高校生の頃から
レコードが擦り切れるほど聴いていたバンド。

不動のメンバーは今でもロックンロールに恋し、
変わらずバンドという単位でプレイを楽しんでいた。
音の塊がグイグイ抉ってくる。
エイトビートがそこ(心)からここ(心)に響いてくるんだ。
16歳の俺を呼び起こす。

そうさ、届けるのさ
書で音楽で。

君の中にある「何か」に向かって。


天上天下唯我独尊

天上天下唯我独尊。
僕らなめ猫世代にとって暴走族の特攻服の刺繍でおなじみの方も多いのではないでしょうか。

どうもその派生から「世界は自分のもの」とか「俺が一番正しい」などという傲慢な解釈にあるようです。

まったく異なります、お釈迦様に呆れられます。

自分という存在はただひとつの尊いもの。誰かと優劣を比べて劣っていると落ち込んだり
優っていると不遜になることなく、そのままの自分の命の価値の大切さを見つめるという感じでしょうか。

ただひらすら。

東日本大震災以降から東京からずっと情報を発信し続ける震災関連ブログでチャリティー作品の紹介をいただきました。
このサイトにはこの度の被災の状況、支援の方法、被災地からの要望、ペットの問題、さまざまなソースから
集められ精査された情報が載っています。






駆け込みRADIO

昨日深夜の「玄秀盛の駆け込みRADIO」、

ゲストコーナー出させていただきました。
音楽と書についても話しています。
収録時、台本はまったくありません、
100%即興です。流れも決まっておりません。
だから面白い。
好きな曲、思い出の曲をかけるコーナーでは
今回はモノ創りの礎ともなっている意外!?なあの曲をリクエストしました。
「玄秀盛の駆け込みRADIO」、お聴きになれなかった方はコチラからどうぞ。
そして復興チャリティー作品のお申し込みいただいております。
ご賛同いただいている皆さまに感謝申し上げます。
被災地のみなさん、思いを寄せています。

熊本地震義援金チャリティー作品のお知らせ

昨日はずっと報道を注視していた。

止むことなき余震の恐怖は日本人なら誰もが想像に難くないはず。
被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
ほんと、できることが少なくてすみませんが。
書きます。

事務所にも入ってないし、販売以外のスタッフを抱えているわけではない。
だから大々的な影響力のある支援はできません。
だけど即断即決でアクションを起こす身軽さがある。
「長者の万灯より貧者の一灯」でいけばいい。
いや長者の万灯も必要だ。

日頃伝えたかった想いを家族や愛する人や友人に。

よろしくお願いいたします。

被災地の皆様の一日も早い安寧を心より願います。
そして警察、自衛隊、消防、医療関係の方々の尽力には本当に頭が下がります。

書家 高野こうじ

感字

毎日、名前を書く。

その願いや思いに寄り添い。

ただひとつ。