浦霞 弐百八拾號

宮城県塩釜にある絶品の寿司屋「亀喜寿司」で飲んだ
浦霞 弐百八拾號の美味さが強烈に残っていて
この希少酒との再会を願っていたら

この度いただくことができました。

東京でこれが飲めるならばと
深夜に最高の肴をこれまた用意していただいた。

荻窪「半吉」より出前。
のどぐろ炙り、鬼カサゴ、生鯖の背と腹身…

感動のマリアージュ。

震災も乗り越えて、木桶造りの極上の一杯。

美しいものは存在自体が雄弁、
解説、説明、形容不要。
味わう、触れる、感じる、
審美眼はそうして養われでいく。



脚下照顧

四の五の言わずにやります。

比べることなく、
押し付けることもなく、
自らの足元を見つめて。





一途

昨夜帰京。

大切な部分を道中に記していなかったのでそこのところを。
24日午前中、玄さんと比叡山の飯室不動堂長寿院へ。
車を降りてその空気感にふっと力が抜けるよう。
千日回峰行を満行された藤波大阿闍梨師とお会いさせていただいた。
一昨年の秋、医者より父の余命宣告を受けたとき
玄さんの計らいで藤波大阿闍梨師の元を訪れ、癌封じの祈祷とお守りをいただいた。
そのお守りを父は有り難くとても大切にし、最期まで側にあった。
残念ながら力尽きたことと、感謝をお伝えしたかったことが果たせた。
藤波大阿闍梨師は千日回峰行の荒行をされたとは想像できないほど
穏やかで自然体で寛容で暖かな方。
「超える」とはこうなんだと1メートルの距離で感じる。
山からの水が轟々と、高倉健さんも滝行された場所。
本尊は不動明王、強さ険しさの内から生まれる慈愛や救済。
そんな人と旅してきたのだ、
となればもちろんここで玄さんとツーショットやるでしょう。

「超える」、「超える」。本当にいい時に訪れることができました。

そして大阪に入り揮毫。
心を取り戻す
それは一途に、愚直に、ひたむきに。
                      <イベントの写真は若生 貴大氏撮影>

目に見えないことを創造し、感じ、表現してゆく。

人は人から教わる。


来場された方、支えていただいたスタッフの方々、
この旅で出会い、語り、飲み、笑ったすべてのみなさん、
そして一緒に空を辿った玄さん、ありがとうございました。






どこでも、そこでも

作品のご依頼を受け
昨夜はただひとりを目の前にして書く。
これまであまりやらなかったスタンスだったが
「ひとりからひとりへ」を標榜するなら
これこそが原点ではないか!

ニューヨークから日本中、筆と紙だけで
路上で書いて回ったのがスタートだったんだ。

ご相談ください、
ひとりのご要望のために
ご自宅でも近所のカフェでも居酒屋でも
筆と色紙を持って
日本中こちらから出向いて書きます。

目の前で話を聞いて
あなたのために直接書きます、
隔たりはない!

顔が見えるギミックなき世界、
手から手へ、
心から心へ。

祝成人

成人式のポスター書かせていただきました。

大きな声で叫びづらい時代ではあるようですが
自由と誇りを持つことの素晴らしさを謳歌して
昨日の自分を越えて
感謝の気持ちだけは常に忘れず

飲み過ぎることのないようにと
W成人を過ぎた自分に誓うのです。
祝、成人。
共に創造を続けましょう。

青二才

偶然という必然で昨夜はたくさんの友との一献。
野球仲間との黒田博樹の話になり、今朝は彼の記事を拾い読み。
ヤンキース、ドジャース、パドレスから最高21億円のオファーを断り
今季8年振りに古巣我がカープ軍に帰ってきた漢。

「僕はカープに育ててもらった人間だから恩を返さなければならない。
ボロボロになって現役最後の1年だけプレーするようなことはしたくない。
できれば“まだまだやれる”と言われている間に2~3年、プレーしたい」

サイヤング賞投手のCC・サバシアは、こう力説。
「最高のプロフェッショナルさ。素晴らしい能力を持った投手であることは間違いないが、
それよりも誉められるべきは彼の人間性だよ。たくさんの実績を重ねているのに
気取ったところがまったくない。謙虚で、そしていつも冷静沈着でジェントルマン」

ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGM。
「ビジネスライクなプレーヤーが多い中で彼はリアル・マン(正真正銘の男)であり、
そしてサムライだった、こちらが複数年契約を提示してもヒロは
『1年1年で勝負したいから、甘えたくない』と断り、あえて単年契約を希望し続けた。
より有利な条件で契約したいはずの代理人も、
きっと彼の頑固な性格には困り果てていただろうな(笑)」

これまたサイヤング賞投手で7年254億でドジャースと契約したクレイトン・カーショウ。
「ボクがヒロに『多くのことを教えてくれ』と頼んだ。
“センセイ”がいなかったら、今のボクはない。
今、彼とはチームメートでなくなってしまったけれど
今でも心がつながっていると思っている。
ボクにとっては生涯忘れることはない最高のヒーローなんだよ」

本物はいつも美しい、
ファンにとってこんなに誇らしいことはない。

黒田センセイ、俺もまた勉強させていただきます。

羊很狼貪

羊、描かせてもらっています。
家族で使用するということでいろいろ用意してみました。
今回はレイアウトの微調整などを考慮して
イラストレーターも駆使しようかと思ったけど
やっぱり手書き、一点ものにこだわった。
イラレ使いこなせなかった?
そこはノーコメントw
関係各位
私は喪中につきご挨拶は遠慮させていただきます。
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015年一文字感字カレンダー販売中!

CDケース卓上型  ¥1,000

http://k-takano.sakura.ne.jp/calen2012.htm

やるしかねぇ

昨夜は焼き鳥屋で宴。
かつて焼き鳥屋をやっていた。
焼き鳥っていいよ、
肉を掃除して、
串打ちして、
じっくり焼いて、
食べるのはあっという間。
でもその準備があるからたまらなく美味いんだよね。
そして気取らぬ感じがいい。
仲間とのいい話が生まれる。
今日もしっかり準備とイメージを持って…
「やるしかねぇ」
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015年一文字感字カレンダー販売中!

CDケース卓上型  ¥1,000

http://k-takano.sakura.ne.jp/calen2012.htm

両忘

「両忘」
分けるということを忘れてしまえ、
生死、善悪、喜怒、苦楽、愛憎、美醜、左右、明暗。
両方を忘れれば解放される。
昨夜のパーティーで一口食べた神戸牛の感動の美味さが
いまだに忘れられませんが。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015年一文字感字カレンダー販売中!

CDケース卓上型  ¥1,000

http://k-takano.sakura.ne.jp/calen2012.htm

似て非なり

和食の名店「おわん」さん、師走のメニュー。
印刷も、コピーも、プリントアウトも選択しない粋。
料理も書も効率ばかりを追いかけたら相手と繋がってゆけない。
しっかり、ひとつひとつ。
ジャンルは違えどその感覚を共有できる
職人の方たちとする仕事はいいものなんです。
まだまだひとつ↓カレンダーもよろしくお願いします。
今月いっぱいのご注文、直筆感字ポストカードプレゼント、あと2日、急げ!



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015年一文字感字カレンダー販売中!

11月中ご注文の方には直筆一文字感字ポストカードプレゼント。
CDケース卓上型  ¥1,000

http://k-takano.sakura.ne.jp/calen2012.htm