手と手

いい魚を仕入れに行きまして

天井は星空というBBQ。


トマト、アボカド、にらチーズ、ネギ、レタス…
野菜の肉巻き串、これ専門店できます。

天然鯛のアクアパッツァ。

ポテンシャルの高さ!
これ専門店より美味いです。
極上の旨味ソースで締めのパスタまで最高。

いつも言う、手で作ること。
食べる人を想像して作るという至極のスパイス。

それは心が見えるもの。

手間をかけることの楽しさ。

手間とはお互いの手と手の間を近くすることだから
手間をかけることに手を抜くことはないです。

いつも心の温度がある場所から。

共に進む

昨日の午後は新しくオープンするカフェの試作・試食会。

俺と女性5人、
皆さん聡明です、そして受容、展開を理解されている。
鋭敏で広い視野、細かい気配り。

何も持っていない俺としては男に生まれといて良かったとw

準備することはたくさんあるけどその一部となって
アイデア、盛り付け、オペレーション、制作など仕事できるのは楽しい。

このホワイトビーフストロガノフはこれまでで一番美味しいビーフストロガノフ。

リズム良く進行し、カープの試合が始まる前に終了。

あっ、カープ、大きな声では言いませんが 6連勝!!!!!!!!!

このままいいリズムでGWに東京に来て欲しいものです、
会いに行きます。

まさに和みのいおり 荻窪 和庵

ナスカの地上絵やストーンヘンジ、バブシュカ・レディ
キリの悪い値段のほうが安く感じる端数効果など
世界は不思議に満ち溢れていますが
昨夜、初めてなのに「ただいま」と言ってしまう不思議がまた一つ刻まれました。

荻窪「和庵」。

カウンター席のみ。
女将ひとりで切り盛りする落ち着いた小料理屋。
奇をてらわず、食材に正しく向き合うおばんざいの数々。

糠秋刀魚と熱燗、いいね。
飲み屋街にありながら扉とこっちと向こうでは時間の流れが変わる。

静かな会話が生まれる。

サクッと飲んでつまんでいい気持ちになれるお店。

篤き仲間とサクッとではもちろん終わることはできず
銀河系一の焼き鳥屋「遊佐」に行き、
友達のバースデイのお祝いにバーに行き…、

記憶をなくしても自宅のベッドで朝を迎えている不思議。

これは初めてではないですがw

スパジアムジャポンの楽しみ方

いや、すみません、
オープンから一ヶ月以上経っての訪問です。
温泉のぼせ書家として報告が遅れたことをお詫びいたします。
お待たせしました。
東京都東久留米市にできた関東最大級の温浴施設「スパジアム ジャポン」やっと行ってきましたよ。

風呂好き目線でリポートします。

デカイ、こんな立派な温浴施設が我が武蔵野の土地にできようとは、入り口で感激です。

ここICチップ内蔵のシューズロッカーの鍵(リストバンド)が全ての会計のキーになります。
ほとんどの温浴施設がそうであった、意外と面倒なシューズロッカーの100円、脱衣ロッカーの100円(リターン式)
の方式をとっていないのも煩わしくなくていいですね。

泉質は関東ではほとんどが「黒湯」ですが、ここはかなり珍しい透明のナトリウム塩化物 炭酸水素塩温泉。
三大美人泉質とも呼ばれる美肌の湯です、無色透明はよくぞ掘り当ててくれましたなというお湯。

炭酸水素塩の温泉にさらに高濃度炭酸泉を混ぜた湯は最高です。壺湯、露天、屋内と楽しめます。

露天風呂はテレビも完備、あつ湯(45度くらい)があるのも珍しいですね。
銭湯好きの方や、あつ湯好きの村上くんも喜ぶ配慮w。

サウナは塩と蒸気の二種類、蒸気サウナは広く、ゆったりした作り、10分おきに自動ロウリュウします。

水風呂もノーマルとここにも炭酸泉があり炭酸泉水風呂(ちょっと高めの17〜18度)はサイダーにダイブしたよう。
サウナ好きにはたまりません。(女風呂はどうかわかりません)

食事も和食レストランとフードコートを有しダントツの充実ぶり。

フードコートはラーメン、天丼、アジアン料理、ステーキ&ハンバーグの四店舗。
テラス席までありましたよ、なんなんですか、というかここ温浴施設ですか?

ちょっと風が強かったけど、路上詩人から始めたオレですから、空のもとにでますよ。

上天丼。
これだけの量の米を食べたのいつ以来?結構なボリュームです。

タイ料理をメインにしたアジアン料理を出すとは素晴らしいじゃないですか。

ガパオライス。

ガパオライス?

これは俺の知ってるガパオではございません。
いますぐに名前を変えて提供されることを提案いたします。

高速道路のサービスエリアの雰囲気ですね
次回は和食のレストランに期待です。

こちら個室風のソファ席、

目の前には水が張られており、
高級旅館やホテルにいるようなラグジュアリー感。
その向こう側ではうどんすすっている風景ですがねw
週末は争奪戦になるんだろうな。
館内wifiも完備なのでPC持ち込み、作業も捗ります。

今回は時間もなく、風呂と食事のみで岩盤浴は利用しませんでしたが
こちらもかなり凄そう。それはまた今度。

とにかく温浴施設としては規格外の広さとゆったり感があります。
これで750円(週末でも850円)!
近隣の温浴施設のみならずアミューズメント温泉をも脅かす存在ができましたね。

個人的には数多ある都内(近郊)の風呂の中でもトップクラスにblitzkriegランクイン!

文句なし。

あっ、ガパオライス、
あれはガパオライスじゃねぇーからなw

東京飛脚

新宿、吉祥寺、渋谷。
それらの街の数カ所に画材の購入先がある。

点在しているので結構距離があるワケ。

そこでジョギングして移動することにしてる。

都会ほど車で移動するよりは自らの足の方が便利。

江戸時代の継ぎ飛脚は江戸大阪間を丸最短2日で走破したらしい、そのお値段140万だとか。

昔、ひとりであちこち旅してたときに、飛脚が通った東海道五十三次、箱根の山道をひとりで歩いたことがあるけど
アップダウンの砂利道はそうとうキツかったね。
芦ノ湖の成川美術館で絵を観て、山道歩いて、途中で寄せ木細工の工房でなんか買って
天山湯治郷で風呂入って東海道本線で日帰るという謎のプラン。
“東京飛脚” の続きを読む

愛するカープ軍との2019年の長い旅

ウチのテレビが稼働するシーズンの始まりです。

いよいよ本日プロ野球開幕。
愛するカープ軍との2019年の長い旅のスタート。
新井選手の引退、愛するエルドレッドの退団、丸くんのFA移籍、
長野選手の人的補償、スーパールーキー小園選手や島内投手の入団など
不安や期待や反骨心が湧き上がって、今年は開幕まで長かった。

今日は野球ファン、カープファンだけに長々と書いちゃいます。

スタメンはこんな感じでしょうかね、
普通すぎるので一口紹介付きで。

1 遊 田中広輔
 マイチャリのキーホルダーは彼のミニサインボール。
2 二 菊池涼介
 我が地元の隣町出身、パンチパーマの系譜はここにありと俺は読む。
3 左 西川龍馬
 バッティングが天才的すぎるため悪球までバットが止まらないやんちゃな男。
4 右 鈴木誠也
 日本を代表できるくらいの堂々たる四番なのに変顔が大好き。
5 一 松山竜平
 鹿児島のじっちゃん、ばっちゃんを愛するアンパンマン。
6 三 安部友裕
 キャンプ中にインフルで5キロも体重落としながらもなんとか間に合った。
7 捕 會澤翼
 「TOKYO FUCKIN CITY」のTシャツを着る茨城出身のイカした熱きヤンキー。
8 中 野間峻祥
 ポテンシャルはカープ一くらいの存在でありながら「野間野間イェイ」というフレーズで
 登場曲は「恋のマイアヒ」になった男。
9 投 大瀬良大地
 球場に行くときは彼のタオルを欠かしません。昨シーズンは最多勝、最高勝率を取ったカープのエース。

長野、バティスタ、堂林、坂倉の代打陣の長打、
曽根、上本、ルーキー小園の足や小技、守備力にも期待。

丸くんの抜けた穴を心配する解説者も多いですがハングリーな若い選手がやってくれるはず。
危惧することは新井さんのような自分を犠牲にしてまでチームをまとめたり、諭したり、鼓舞したり、
経験を語ったり、歓喜したり、褒めたりする存在がいなくなったってこと。
新井さんは一人でこれらを全うしたからね。
高い技術力だけではカバーできない部分。
人間関係、会社組織でも通づる部分、かな。

経験値は金では手に入らない。
でも経験に頼りすぎると新しい扉を開けづらくもなる、
ここのバランスを間違えないこと

って俺の考え方はいいか。

とにかく、今年もカープだ、
四連覇、悲願の日本一。

気合の書道。

カープレッドの血が流れている(赤だからただの血液だろ)。

今年も広島カープをよろしくお願いいたします。

神宮球場オススメ席 空と風とビール

神宮球場。
アクセスの良い都心にあって、広い空を望め、
デイゲームでは(晴れれば)青空とビール、
ナイターでは星空とビール、時々花火。
さぁ神宮球場に行こう、個人的内野席のオススメ風景。

まずはアクセス、
外苑前からだと道すがらコンビニや料理やドリンクの店頭販売が多く選びながら調達できます。
信濃町からだと駅前のコンビニくらいしかないです。

我がカープ軍の応援ですが、敵はスワローズさんではありません、ただ一つ「花粉」です。

●三塁側

9、10番入口周辺、ベンチの上の方からの景色。
ファンとの一体感あります。外野席ほどの熱気は欲しくないけどビジターチーム応援にはいいです。

●一塁側

4,5番入口周辺でしょうか。
ホームの応援席。季節にもよりますが春のデイゲームはイニングも過ぎてゆくと三塁側ご覧ように
日陰になります。こちら暖かいです。新国立競技場も見えて興奮高まります。

長野選手、ガンバレ!

●バックネット裏

ザ野球場という感じですね、いいですよ、やっぱり。
打球音、選手の声、迫力、たまりません。ここで見るときはプロ野球ニュース録画予約して参戦やね。

●バックネット2階席

個人的にはここがオススメ。
全景を見渡せてボールの行方もよく見えるし、守備のポジショニングや、中継プレーの流れなど見応えあり。
通年そうなのかわかりませんがビールなども置いてあるので、売り子さんも生樽背負わず軽々として
のんびりしている空気感、野球を知らない人にもいいでしょう。
ただ階段が急なので酔っぱらって転ばんように。

野球場っていいですね、どうですかこの景色。

都内最大級のビアガーデンだと仲間や彼女や奥さん誘って野球観戦、ファンが増えればいいな。

美しい日本語2 花信風

日本語は実に美しい。

情緒や心の様、距離感がよく表せられた言語だと。

こんな表現があります。
花信風<かしんふう>
初春の花が咲く季節の到来を告げる風。

花が咲くという息吹を、風で伝えるなんて。

柔らかなタッチで春霞の様な雰囲気も出しつつ書きました。

タカノ史上最悪の花粉症に襲われている平成ラストイヤー。
外出するのもナーバスになっておりますので
花粉症でない方は桜咲く風を感じにお出かけになってはいかがでしょうか。

CHACO

21歳の誕生日と成人式を迎えた食べ盛りのふたりのスタッフのお祝いにこちらに。

千駄ヶ谷「CHACO」

待っているのは肉の塊。

1キロ10000円〜14000円の肉塊四つをワインで食らう。

本能の覚醒、原始への誘い、妖艶への
蠱惑。

こうでなけりゃ。

みんなからの寄せ書きにあたり、
ムーミン好きな彼女に挿絵描いてみた。

シチュエーションはいつものカウンター。
帰る場所がある、
だからもっと旅をしてほしい。

未来は君らの手の中。