生きる道

たしかゲーテの言葉だった。

人生は過酷だ。

引きずられ、引き裂かれ、逃げることもできない。

死ぬまでの暇つぶし?

冗談じゃない。

真剣勝負、

だからぶつかり、落ち込み、涙を流して喜び、赦し抱き合う。

自分を信じよう。

築地 夜の散歩をしないかね

昨日はオンラインアート書道教室を終え、次の約束まで少し時間があったので隅田川沿いを散歩。

夜の築地を歩くのは初めて。

勝鬨橋を渡るとこからウォーキングスタート。

洗練と伝統が溶け合う街。

所縁の地ではなく、銀座も自分が行くような街でもないし、自宅からも遠いのでこの界隈じっくり攻めることがこれまでなかったのですがスタジオのあるこの築地に来てとてもいい街だなと。

勝鬨橋橋脚下。闇からの光の漏れ方がいい。

今度はロッドを持ってシーバスでも狙ってみようか。

釣れるのかな。

築地大橋に向かって。

チャポ、チャポと揺らぐ波音、リラックスする。

築地大橋から勝鬨橋を撮影。

築地市場を抜け、東銀座、夜が動き出す華やかな銀座6〜8丁目を歩く。

10000歩弱。

表情豊かな夜の散歩、楽しかった。

破 アート書道

1985年リリースされた、RCサクセションのギタリスト仲井戸麗市ソロファーストアルバム「THE仲井戸麗市BOOK」。100年後でも聴き継がれるべき日本のロック史上に残る名盤。

「打破」という曲の一節<世界中のヤバイNEWSも 茶の間のTVで知る 14インチ分程度のNEWSさ>

周りばかり見る傍観者じゃなくてよ お前自身が何をやり、どう生きるのか。

俺にはそう聴こえたんだ。

自分を破るのは自分。

まだ限界だなんて思っちゃいない。

爆音に包まれ、白抜き技法で書き上げた。

打ち破っていこうぜ。

 

 

 

 

抽象画 秋

夜明けとともに秋の新作。

日本女子オープンで優勝した原選手のように集中力MAXでキャンバスに向かいました。

秋の実りの歓喜の中に憂いを纏わせて。

いつもお世話になっている荻窪motenasiさんにて飾ってあります。

作品の届けと言いながら

大間のマグロの炙り、最高でした。

素晴らしい秋の食材も揃ってます、

食欲と芸術を両方充しに訪れてみてください。

 

 

感性のインプロビゼーション

先日のアート書道ワークショップにてイラストレーターの方が参加された。

その中で、動物を描かれているということだったので筆で何かイメージする動物のイラストをお互いに見えないように描いて対決(?)してみましょうというコーナーを即興で。

2分間で描き上げ披露。

そしてその絵が何とお互い、龍っ!

その方は「動物描きますって言って、象やライオンではなく(架空の)龍ですみません」と言おうと思いながらも描いたようで、それがはまってビックリ。

それもその方が描いたのは降り龍で、自分が描いたのが昇り龍。

こういう不思議なイメージのシンクロもライブの面白さ。

感性のインプロビゼーション。

台本(ホントは守らなくちゃね)にはない、瞬間の閃き合いがライブ。

これは我が家のトイレの昇り龍。

また描こうかな。

 

 

雲 アート書道

本願寺裏、古民家スタジオ。今日の一期一會。

今朝は雨が降っていたので雨音をイメージした書体。

一本日目のオンラインアート書道WS終了。

その中で書いた一枚。

雲、自由に流れてゆけ。

参加くださった方と面白い想像の旅が出来た。

二本目の前に控え室でジョンレノン聴きながらランチ。

さすが築地クオリティ。魚が最高に美味しい。

場外巡りもしてみたい。

 

本日ゴゴスマ 出演します

本日22日TBS系午後の情報番組「ゴゴスマ」にジャニーズのタレントさんにアート書道を教える内容で少し出演します(15時40分ごろ)
よろしければご高覧ください。
コロナ禍の中で新しい繋がりを構築していた。
「見る」から「生み出す」ことで創造の楽しさを伝えて行けるように。
禅で言うところの<主人公>、一人ひとりの個性やアイデンティティを伸ばせる表現。
その一つ、築地本願寺裏の築60年以上の古民家長屋をリノベしたモダン和を発信するスタジオを拠点にオンライン アート書道WS 「WActivity japan」をスタート。

喜びや発見を結ぶ「生きる」の側にあるアートで少しでも役に立ちたい。

ゴゴスマにちょっと出ます

このブログを見てくださってありがとうございます。

活動におけるすべての情報はここで一番先に出します。

 

来週22日の火曜日、CBS制作(関東はTBS)午後の情報番組「ゴゴスマ」(午後1時55分〜)に収録でちょっと出ます。

コロナの中で立ち上げたオンラインのアート書道教室でタレントさんとアート書道を楽しみました、その模様がOA(15時40分くらいから)される予定です。

たくさんの人にものづくりの楽しさが喜びが伝わることを願っています。

こんな時代です、連休の最終日、家でゆっくり午後はゴゴスマ、ご覧いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

始 アート書道

今日はコレ。

白抜きの塗料で書き、乾いたのちに裏面から墨でまだらに塗りつぶし浮き上がらせます。

「始」

こんな時期で大変な船出であるかもしれません。

勇気と行動力を持って国民を見た決断を。

仕事人ね、注視しましょう。

 

秋の始まりでもあります。

年々短くなる秋ですが、実り多き時間を。

 

 

新スタジオ

築60年ほどの古民家をリノベした築地の新スタジオ。

本物だけが持つ歴史の重厚さとモダニズムの融合。素晴らしい仕上がり。

眩ゆい光の中。

ここから世界に発信。

詳細はまた後日。

築地って明るい時間に来たの初めてだけど、こう、なんか波動というか、相性というか、降り立った瞬間に感覚にピタッと来た。説明できない何か。

リハを終え、ちょっと散策。

いいとこだ。

やってやろう。