街角の絵画 筍

昨日は半日、こちらが一人戦略会議室。

サウナ→水風呂→休憩を7セット。
整いました。
このセットの健康効果半端ない。
その効能について科学的に書こうと思ったら、
イレギュラーな予定ができてゆっくりできないのでまた。
ホントにオススメです。

筍、春を告げる食材出てきましたね。

食べるのはちょっと苦手ななんだけど、描くのは大好きな食材。

街角の絵画 パッタイ

三が日に町中華に行ったときにたまたま座った席が厨房の鍋を振るうところを真横から見れる席だった。

100席くらい優に埋まる満席の店内、厨房ではものすごいスピードで料理人たちが火を放ち鍋を振る。

スポーツ観戦してるような感動があった。

バンド活動していた頃、指紋が擦り切れるほど皿洗いのバイトをホテルでしていた。
その時にヌーベルシノワの先駆者、脇屋友詞シェフの厨房の中で働いていたのだけど
そこの厨房の迫力が凄まじかった。
スピード感、混沌の中で、実に綿密に、緊張しながら、最高のものを創り上げてゆく空気。
30年近く経つけどあの張り詰めた世界は記憶に深く刻まれている。

アジアの人ですから中華鍋やその周辺の料理が大好き。

昨日の自宅ランチはパッタイ。

火こそ放たないが、中華鍋のライブ感は家でも凄い。

そしてタイ料理は美味い。

心に触れたものはスケッチで留めておく。

あの時一緒に働いていた中国人のワンさん、忙しくなると急に「ニホンゴワカラナイ」とエスケープ。
元気にしてるかな?

街角の絵画 シャトーラフィットロートシルト

一昨日、熱い志事を遂行する人たちの集いがあった。

志があるから初対面でもすぐに胸襟開いて話が生まれる。
世代も一緒なのでいろんな角度から物事を見つめられ、
職種こそ違うがその目は社会へと向いている。

我が家では絶対に飲めない世界トップランクのシャンパンとワイン、
馬刺し、箱ウニ、中勢以のすき焼きに舌鼓。

シャトーラフィットロートシルト2013
こんなの描けることはそうないよなぁ(゚∀゚)
と思い、街角の絵画としました。

いただいたワインすべて描きたいけど、あまりの味の重厚さに酔いが回り、ラベルの記憶を留めておけなかった。。

全身全霊でより良き社会を創り出す言動に心地良く酔った美しい夜。

街角の絵画 馬肉酒場 Lp2 吉祥寺

写真を撮るのもいいですが
記憶には映像だけでなく言葉が残るもの。

昨日は友人の馴染みの店「馬肉酒場 Lp2 吉祥寺」。

店主との会話も楽しく、ガッツリ日本酒を飲んだ。

こんな風に時々スケッチにしてアップしようと思います。
スケッチなのでパパッと、精巧さには欠きますが。

シリーズタイトル「街角の絵画」。
コレ、25年くらい前にソロで音楽活動していたときの作品音源のタイトル。
何気ない街のひとコマを切り取った作品、それです、今頃になってそれです。

歌詞は書となり、音は絵となって再登場、
基本的にずっとおんなじことやってんだなぁ( ・∇・)

気まぐれで描きますのでよろしくお願いします。