命名書

命名書のご依頼をよくいただく。

書家として嬉しい限り、書家冥利につきます。

生まれて初めてもらうギフトが「名前」。

それを胸に刻み、健やかな未来を願い、筆を取らせていただいております。

様々な種類、デザインでお創りいたします。

 

制作を終え、菜園の手入れ、部屋の掃除、キッチンの整理、ジョギング。

この間に思考も整理できる。

シンプルに、自分を変化させながら。

 

 

今朝も土と

自主規制による夜間外出控えにより、起床時間がさらに早まり、今朝は4時前。

太陽と生きる、いいことだ。

ベッドでゆっくり本を読んでから活動開始。

ひと仕事終え、日課である野菜と戯れ。

トマト、パクチー、大葉、オクラ、インゲン、バジル、ガパオ‥

ここ連日の日照率と暑さで元気になってきた。

そこへカレー屋への転身のススメ?仲間がハーブたちのゴキゲンな鉢を持ってきてくれた。

生のカレーリーフ‼︎

基本何事にも無関心なポンタも活きのいいガパオを食べたくて勇んで来た。

胡瓜も急成長、ぶっとい。育て過ぎか。

望んで流す汗は気持ちいい、その勢いでジョギングに出よう。

あんまり望んでいませんが身体も動かさんとね。

早起きだからできること。

ヤバい暑さになりそう。

水分、塩分補給していきましょう。

ブサイクで可愛い^ ^

インコも暑いので毛を膨らませず脇を空けて風を通して体温を下げているんです。

 

 

iphoneXからiphone11の移行 困ったら

突発的に外に出たくなった昼下がり、近所で特に行くところもないので機種変してみました。

で、ショップでスタッフが動作確認など一通り終えて「あとはご自宅に帰ってからitunesなどでデータ移行してください」と言われ帰宅。

その中途半端な状態でiTunesやiCloudやらガチャガチャやって、変な表示にぶち当たること繰り返しさらに迷走。

こんな深みにはハマる人、俺だけじゃないはず。

もう諦めて寝ます。

そして5時に起きて格闘、のはずがあっけなくデータ移行に成功。

もう、店の時点で始まりを誤っていたのです。

最近の機種はPCなどを使わずクイックスタートといって新旧のスマホを近づければデータを移行してくれるらしい。(特に買い換える予定でもなかったので知識がなかった)

そしてそのクイックスタートは一番はじめの初期画面からしかできないのです。

つまりはショップにてスタッフが「動作確認します」と言って初期の設定をどんどん飛ばしてしまったのでクイックスタートの機を逃していたのです。

確かにクイックスタートしちゃうと移行完了までに一時間くらいかかる場合もある(自分は自宅で20分かからないくらいで移行できた)ようで、店からしたら時間のロスが生じますからね。

それでもさ、プロがそれ言わずにおく?

「あとはご自宅に帰ってからitunesなどでデータ移行してください」の前にこんな簡単な方法あるじゃんか。

ですので

中途半端な状態の新しいiPhoneを

①「設定」→②「一般」→③「リセット」→④「すべてのコンテンツと設定を消去」して初期化します。

言語や国の設定をすると「クイックスタート」の画面が立ち上がります。

あとは二台並べて、iPhoneからの指示通りにやれば、移行完了!

 

こんな人多分いるはず、と思ったので長々書いてみました。

 

思いの外、早く終わったので芽かきや植え替えなど菜園の戯れ。

インパチェンスと大葉とキュウリとトマトと太陽。

iPhone11の写真画像はやはり綺麗。

コイツも撮ってあげないと。

新参者のカメラになぜかドスを効かせて向かってきました。

そして決定的瞬間。

飛び立つ瞬間、初めて撮れた。

 

 

 

 

 

太陽とともに。

走りながら考えるしかない。

状況に応じて。

そのためには考え抜く。

それでも足りない知恵のなさ。

いよいよ5時台に走るようになった。

静けさと新しい空気を飲み込み考える。

絞り出せ、内側から。

対峙せよ。

野菜をいじりながら。

夏に向けてたくさん育ってゆけ。

 

人生が煩くなってきた愚鈍なオレも逃げずに進んでゆく。

 

 

唐辛子イラスト

今日は朝から冷たい雨の東京。

ベランダの作物はつい先週、胡瓜を実らせた。初冬のど根性胡瓜。
もうそろそろ今シーズンの農作業はおしまい。

思い出しながら筆を取る。

唐辛子もいい感じに仕上がりました。

今日みたいに寒い日はチゲ鍋で燃えたいね。

リアルとイラストを混ぜてみた。

太陽と水と、風から教わることの多い今シーズンでした。

風邪、インフルエンザお気をつけください。

こうじ食堂 キーマカレー

春先から丹精込めて順調に成育させてた菜園、
自分の知識と経験不足に、今月の低日照が重なり失敗を繰り返している。

唯一順調に甘く実ったトマトも、
最近は鳥たちに喰われる始末。

まぁ、それだけ美味しいものが出来たってご評価を鳥たちにいただいたので良しとします。

今朝も汗だくで農作業、
散水のシャワーで自らも行水。

そして心身のキレと野性的感覚を取り戻すために明日より炭水化物断ち&トレーニング。

暫しのお別れにキーマカレー。

心置きなく心身絞ってゆきます。

iPhoneから送信

美しい日本語7 洒涙雨

暑さが苦手ですから、7月の今年のこの温度を歓迎しないわけがないのですが
日照時間も短く、体調の変化もあるようなので心配ですね。

動物全般がそうなのか、
ポンタもこの雨続きにちょっとブルー。

そしてお天道様が覗いてくれないから菜園コウジの生育に問題が生じまくる。

農家さんもなかなか育たないので売り物にならなかったり、B級品になってしまうので晴れ間も欲しいところです。

そんな雨の季節には素敵な言葉がたくさんあります。

日本語は実に美しい。

情緒や心の様、距離感がよく表せられた言語だと。

こんな表現があります。

洒涙雨(さいるいう)

七夕に降る雨をこう呼びます。

織姫と彦星の流す涙雨
会えた喜びか、逢えなかった哀しみか。

ちょっと過ぎてしまったけど一日限定の雨にも言葉があるなんて日本語らしい。

鈴木誠也 イラスト

菜園コウジ、収穫の夕餉。

大好きな餃子もホッケも用意しましたがメインはトマト。
果肉ギッシリ、スゴく甘い!
これまでの最高傑作がこの夏出来たよ。

ナイター観ながら晩酌。

あっ、中国地方を本拠地とするあのチームはこの夜も最低でしたね(゚∀゚)

日本球界の至宝、カープの四番鈴木誠也。
チャンスでミノサンや呆気ない初球凡打、
ベンチでは怒りブチまけ、ヒドいアリサマ。

8連敗もしてるんだ、楽しめ誠也。
そんな想いで筆を取りました。

思い切り振り切れ、
野球を楽しめ、誠也!

風が通る場所

空中菜園が賑やか。

以前農園をやっていた時は途中で逃げ出すわけには行かず
責任感だけで一人日々格闘していたけど今は毎朝、成長が楽しみ。

今日からはホーリーバジルを栽培。

夏真っ盛りの頃にはホンモノのガパオライスが家で食える。

今日は収穫日、
早速ランチはとれたての野菜を使って。

まぁ特別旨いってわけでもないけどw

ビールはガマン。

アトリエにこもって作品制作が続くとこんなことがいい風通しになる。

大地 筆文字

昨日は仕事で都下の農家さん五軒を回らせていただいた。

自分自身、遊び程度ながら過去に農業をかじった中で
継続することの大変さを学んだ。

一日一日の積み重ねでしかない、
これは容易じゃないということを。

結果を求めて性急にならず
今日をしっかりやること、
一度決めたことを投げ出さないこと、
言い訳を用意しないこと。

人参やトマトの成果物より大きなことを学んだ。

こうして農地を周り、農家さんの人柄に触れ
今一度呼び覚ます。

大地の子。

カープの開幕戦もおそらく大瀬良大地で、躍動も願っている。
“大地 筆文字” の続きを読む