流れてゆく

思えば桜の季節はスタジオワークが忙しく、隅田川散歩が出来ませんでした。

夏の陽気に誘われて久しぶりのリバーサイドウォーク、

緑の桜も良いものです。

ここ勝ち鬨周辺は川とは言え、海に近いので潮の香りがして気持ちが開いてゆく。

緩やかな流れ、小魚の姿も見えた。

スタジオに戻り、

こんな気分。

自然は人間の小狡さをも赦し、はるかに凌駕してゆく。

 

あるべき場所

教室の空き時間、春を探しに隅田川散歩。

昨日は勝どきを越え、晴海まで足を伸ばす。

落ち着いていて、ほどよい生活感があり、休憩場所が多い街づくり。そして暮らしを見守るかのような隅田川の安らぎ。

何気ない街の表情から英気を養って。

 

その後の配信で書いたもの。

松尾芭蕉の句。300年以上前に芭蕉も桜を眺めてこの句を詠んだ。

ロマンチック。

配信のオープニングでファシリテーターのフラちゃんから視聴者へクイズ。ラストの答え発表を忘れてブースからカンペ指示w

 

スタジオを後にして、今年初、2ヶ月半ぶりにいつもの席でいつもの景色。

落ち着きますね。

時短は続くので静かに一杯やって一時間ほどで退散。これくらいの方が身体にもいいよね。

安心できる場所で、優しく動こう。