抽象画3 流麗

アトリエに所蔵されているこれまで描いてきた抽象画。

このシリーズ忘れてました( ´∀`)

なのでまだ三回目は過ぎゆく夏にこちら、タイトル「流麗」。

ブラシで細かく引っ掻いてます。

色入れて引っ掻いて、また色を重ねて引っ掻いて。

ガレージなんかに合うかも。

販売もいたします。

サイズ870×610

パネルのような雰囲気に写真加工してありますが材質はケント紙に描いたものです。

サイズが大きく、スキャンができないので作品を写真撮影したものですが
色味の加工などはしておりません。(光の周り方で実物より明るくなってはいます)

未だ、向かい風が厳しくとも

ずっと、書くこと(描くこと)を表現して生きる。

BLUE resistance

仕事として絵を描き始めたとき、テーマとして「蒼」があった。

小さくはないサイズの蒼を約一年にわたり描いた。

表現は抵抗。

脳内の矛盾を解くように絵は解放に導く。

蒼、

夜の蒼で一杯。

幻想的な自然の色。

どこにも行けなくても、

想像することができる。

書や絵にはその翼がある。

 

 

抽象画 青

こちら半年前くらいに描いたもの、なかなか気に入ってる作品です。

微妙に濃度が違う青を何度も重ね、乾く前に指先で叩くような感じで隆起を作っていきます。

いろんな色を使うより、ひとつの色を重ねたり、薄めたり、筆のタッチを替えて深みを出すのが好きです。

派手なフックを入れたくなるのをグッとこらえて(^_-)

いかにシンプルにして、イメージを表現できるか。

簡単ではないけど、楽しいです。

作品制作でイメージしたような、冷静で寛容で寡黙でシンプルで深みがある、
そんな男になれるようにという切なる願望も入っていますw

 

 

抽象画2  呼吸

アトリエに所蔵されているこれまで描いてきた抽象画。

二回目は夏っぽいのをチョイス、タイトル「呼吸」。

色使いはシンプルですが、ベースの白と青を少しずつ色味を変えて重ね塗り。

息づく感じを出すために。

 

販売もいたします。

サイズ870×610

パネルのような雰囲気に写真加工してありますが材質はケント紙に描いたものです。

サイズが大きく、スキャンができないので作品を写真撮影したものですが
色味の加工などはしておりません。(光の周り方で実物より明るくなってはいます)

 

向かい風が厳しくとも

ずっと、書くこと(描くこと)を表現して生きる。

 

抽象画 1 「響明」

アトリエに所蔵されているこれまで描いてきた抽象画。

少しづつ、時々、紹介して行きます。

今回は「響明」。

光が、そこで、包まれますよう。

 

アーティストとしてなんとかこのコロナ禍を生き抜いていますが
この国の政治はそのような者に差し出す手は持ち合わせていないようですし
私も国のためにやっていることではないので別に求めてもいません。
自由にやりたいですし。

 

この度、販売もいたします。

サイズ870×610

パネルのような雰囲気に写真加工してありますが材質はケント紙に描いたものです。

サイズが大きく、スキャンができないので作品を写真撮影したものですが
色味の加工などはしておりません。(光の周り方で実物より明るくなってはいます)

 

できことならば

ずっと、書くこと(描くこと)を表現して生きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵画制作

解放に向かうのだ

どんな状況下であっても表現は何者かに絡め取られはしない

問いかけるただただ内側に

恐れるものはない

何も持たず

何も背負わず

ここだけに生きる

朝の光とともに絵筆を握った。

新作三点。

渾身。

 

心地よい疲労。

 

takano blue

リビングの絵を新しくした。

混沌から隆起する光、みたいなイメージ。

光の隆起?変だな、でもそんな湧き上がる感じ。

一番大きな額縁だから作品を入れ替えただけで部屋全体の印象も変わる。

そういったことも考えながらとも思うけど、描くときは作品にただただ集中。

まだこんな集中力を持って対峙できることがあることは幸せなことですね。

ポンタは「絵?知ったことか、それより大好きな芹をくれ」って感じですがステイホームを癒す可愛いヤツです。

絵は精神の開放。

構想週間

イカれた音楽ユニット「wise&stupid」のリモートレコーディング。

大きいのではなく、小さなやつで。

コロナ禍における感情を歌にせずにはいられない。

いい曲ができました。

まだ磨いているとこですが新しい音楽観が芽生えて楽しみです。

新作の絵の構想も。

音楽とアート、静かな環境にし、感覚研ぎ澄まし、表現者として成長できるよう対峙します。

 

抽象画 青と白

昨日で納品を終え、御用納め。

後はアトリエに籠ってちょっとスローダウンして展示する絵を描いたり、これまでの未発表のものをセレクトしたり、ご依頼いただいている書の制作をしながら、少しづつ大掃除に突入。PCに溜まった膨大なデータも断捨離。忘年会もないこの時期にスッキリさせよう。

のんびりできる性分ではないし、動いているくらいが良い。

公私に本当に色々と試練があった一年を振り返りながら。

自由に描いてゆこう。

 

抽象画 豊穣

作品「豊穣」が売れ、お譲り前に一枚。

展示期間には多くの方からいろんなイメージを聞かせていただきました。それぞれの感じ方を広げてもらえること、またつくり手を離れ、その方の日常になることは表現するものにとって大変嬉しいこと。

一点でも多く、感情に触れる作品創りに取り組んでゆきます。

これしか出来ないから、これだけは愚直に真剣に。