Kentucky on my mind

まだ高校生だった頃、いや卒業してバンドを
やりながらだったかとにかくその辺りの数年間、
ケンタッキー・フライド・チキンでバイトをしていた。

良く働いたし、一般の人が一生で食べるくらいの
量をその期間に食べたのではというほど当時の
俺はケンタッカーだった。
早番をやるようになる頃はチキンやポテトを揚げ、
ビスケットを焼き、接客、掃除、検品、資材チェック
などあらゆることを社員やパートのおばちゃんたち
と日々やっていた。

営業前にカーネル(大佐)を店頭に出すのも大事な仕事。

まわりが大人ばっかりだったのでいろんなことを
学ぶ場所でもあった。大変世話になった小森さんという
ベテランのパートのおばさんが辞めるときは感謝の手紙を
書き、涙ながらにお別れしたこともあった。

今日、アメリカのkentucky州のLouisville(ルイビル)という
街の和食店のロゴ制作の依頼をいただいた。
そう、kentucky州には行ったことないけどふと、わが心の
ケンタッキーを思い出して雑文を書いてみました。

心を込めて書かせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。