トークライブのお知らせ。

トップページにて告知の通り、10月17日青山のathlete cafe S
<http://www.cafe-s.net/index.html>にてワンマントークライブを
行います。テーマは「今、言葉(思い)を伝える」。生パフォーマンス
や来場の方にもれなくポストカードに直筆の書を書いたりしながら
これまでの歩み、書を通して出会ったたくさんの出会いの中から感じた
言葉の大切さなんかをビール片手に話そうかと思っています。
しかし僕は台本も見ないし、気分で走ってゆくので当日はどうなるか
本人もわかりません(苦笑)。
時間は20時から、料金は飲み放題!+書の作品で3,000円です。
当日は誕生日イブ!全開仏恥義理でいきますので夜露死苦。

このために書き下ろした作品をアップしておきます。

たずね人

昨日夕方、渋谷で信号待ちをしていると純朴そうな女の子に声をかけられた。
「すみません、このへんで有名なラーメン屋さんてどこですか?」と。
かれこれ渋谷の街とも十年以上密に付き合っている。もちろんラーメン屋
だって知らないわけではない。しかしこの街でこんなことをまっすぐに
聞かれると期待に応えてあげたくて真剣に考えてしまうのだ。
おそらく電車で何時間もかけて朝、渋谷に着いて原宿まで歩いて洋服買って、
マックでお昼食べて、渋谷のデパートをウィンドウショッピングして
ちょっとおしゃれなカフェでお茶をしてさぁ最後に美味しいラーメンを
食べて帰るぞってテンションで聞かれたら(勝手に想像だけどね)
無下にできようものか。そこで導いた答えはセンター街の場所を教えて
そこを歩けば何軒かあるから選んでくださいというひどく凡庸なものと
なった。というのも僕は普段ラーメンを食べないからだ。食べたとしても
より明け方に近い時間に酔っぱらって食べるのだから味もなにもあったもん
じゃない。ラーメン屋ぐらい・・って思ったけど知ってるような気がして
唐突に訊ねられると実は何にも知っちゃいないってことがいろいろあるもんだ。
ちょっとすまない気持ちもありその後センター街を歩いて有名と称される
ラーメン屋を外から覗いてみたけど彼女たちの姿はついぞ見つけられなかった。
ごみごみとして温もりを感じない街での珍しい出来事、写真はハンズの
園芸コーナーで撮った「フォックスフェイス」。
まさに狐につままれたような一瞬だったのだ。

smoke get in your eyes.

昨夜、友人の店でパーティーがあり、さすらいの料理人として
厨房に立ち料理を振る舞った。不定期ながらアーティストが集う
この店のパーティーでは僕が料理を担当する。
 
豚バラ肉の赤ワイン煮込み ガーリックトースト添えです。
厨房であわてて撮ってブレてます。

そして今回は著名なジャズピアニストである深井さんのピアノライブ。
鍵盤の上で指がダンスし、感情が音となる。いやはや凄い!
ライブ後にいろいろと語った。「今日の出会い、供とした人に響が生まれる」
こんな話をした。表現方法は違えど根はそう変わらないのだ。

↓なんかいい感じでしょ。

コルネオーレ!

不定期アコースティックライブ企画「やきとり不良倶楽部」も
回を重ね五回目、今回は僕と友人のバースディスペシャルヴァージョン
ということで昨夜友人の経営するお店、新大久保のTROJAN
で盛大に執り行われました。それにしてもよく飲んだ。男ばっかで。
三十半ばすぎの血の気の多い奴ら濃厚な男祭り(苦笑)。
素晴らしい仲間たちと飲み、唄い、祝され気持ちよく酔い、
久々に朝焼けを見ました。いいことじゃん。

デジカメ忘れて、携帯からのきたない画像です。

Crab junky.

こんなことなら外食などすることないな。
焼きタラバ、ずわいは鍋に。久々に美味しいと感じる時間だった。
最近どうも外で食べてもそれなりに美味しいくらいにしか思えない
けど家で食すこのカニたちの美味いこと。

フフフ、そしてまだ冷蔵庫には大好きなソフトシェルクラブが
待機しているのである。三連休はずっと外食が続くので今のうちに
密やかな贅沢を満喫するのだ。

粒々辛苦。

今、大阪と東京の新規開店の店舗のロゴを書いている。
作品と違って、ある程度こちらの書体に委ねられているものの
業態や地域性、訴求ターゲットなどを考慮して書くのでそれとは
ちょっと異なった観点、感性で筆を握る。クライアントからの要望も
反映していくし。当たり前だが書は計算式ではないので明確な答えはない。
書いて書いて僕も成長してゆくし、まだまだこんな風に書けるんだと
思うこともたくさんある。自分の中で甲乙をつけることはないので
それをまた人がどう受けるか、まず自分が納得できないのは出さないし。
いろいろやる必要性があるのか?といった声が聞こえてきてもそんな
小さなレベルの話は無視。フォワードの選手がゴールキーパーをやりなさい
と言ってるわけではないのだ。FWの位置にいていろんな戦術やいろんな
局面、監督の戦略の中で個人のレベルをあげてゆくという感じ。
自分のやり方、得意な形を変えずさらに進化させる。
そのためには日々の積み重ねしかないのだ。

そぼ降る雨を窓から眺めながらこうして筆を持てることのありがさたよ。

天高く

普段、家に籠もって仕事をすることが多いせいか休みともなると
外に出たくなってしょうがない。ウォーキングがてら街を散策する
なんて昔は考えられなかったけどね。ウォーキングには生活習慣病
(成人病)予防、善玉、悪玉コレステロール値を正常にし血糖値・
中性脂肪を下げる、ダイエットに効果的などと言われているが
それよりもいい景色に出会えたり、季節の移ろいを感じたり
することこそウォーキングの醍醐味だ。この日も恵比寿まで散歩。
帰りにイタリアンを食べて、もう一軒焼酎飲みに立ち寄って
ウォーキングのはずが帰りは千鳥足になってたけどね(笑)。

Crab

週末、友人宅でカニ鍋パーティー。

肉も魚も好きだが、カニや海老といった甲殻類も大好きだ。
しかし夢中になりすぎて手やテーブルを汚して行儀悪くなるので
個人的には気のおけない仲に限定される食材ではあるが。
しかしカニだ、海老だと買い被っていけない。たまにひどいのも
あるからな。なんせ「カイカムリ」っていう食えないカニもいるくらい
だから(ちょっと強引か)。この日のタラバ美味かった。

誕生月第一弾プレゼントを友人夫婦からいただいた。名前入り焼酎です。

これはいいねぇ。カメ入りだし、誕生日までは寝かせよう。

会った瞬間、僕の顔を見て泣き出した友人の子供をミッキーのお土産で
ご機嫌を取り(完全に一歳半に手玉にとられてる)、無理矢理抱きかかえ一枚。
この子供たちが平和で暮らせる世界でありますように・・・。

no more terrorism.

目が覚めてテレビをつける。ニュースを見るのが日課だ。
今日は朝からそのトップニュースに震撼した。またしてもバリ島で
爆弾テロが起きた。五ヶ月前クタで連日飲んだくれ、ジンバランのシーフード
レストランでは美しいサンセットを眺めたあの場所でだ。
インドネシアの貴重な財源であるバリ島の観光事業にも大打撃、
地元の人は極めて質素で神と共に生活している。なぜ?なぜ?
小さなレストランをやっている働き者のプジは大丈夫だったろうか、
日本語を勉強中のエイコーは、毎朝サッカーの話をしてくるあのホテルの
ボーイは、店内の床にねそべっているお土産やの女主人は、
店の前を通るたびに外まで出てきて話しかけてきたイタリアンレストランの
バイトの女の子は。
バリに住む人の命を返せ。
バリに生きる人に生活を返せ。

一日も早く、人々の暮らしが戻り、写真のように美しい夕陽を見に
たくさんの人が海辺に訪れる日がくることを願う。
そのために世界の人は祈り、政府はテロの撲滅、そしてディフェンス力を
強化しなければならない。決して屈することなく。
まったく冗談じゃないよ。くっそぉ。

神無月

もう、十月です。
神無月、出雲に神様が会議をするのに集結するため、神がいなく
なるので神無し月と呼ばれ、出雲のほうでは神在り月と呼ばれて
いる。←8月に島根の出雲大社に行ったときに地元の人に聞きました。

天高く馬肥ゆる季節。そして僕の誕生月、どうぞよろしく(←なにが?)