男の酒

ダンディなおじさんとサシ飲みの夕べ。

銀河系一の焼き鳥屋「遊佐」から。

店主のトシくん、素晴らしい焼き手でありながらスパイスの魔術師でもある。
裏メニューの欧風スパイスカレーもまた素晴らしかった。

二軒目は最近のコース化してきたシングルモルトタイム。
知り合いのケンちゃんが新たに出したbar。

マンハッタンのsohoにあるBARのような無機質で天井高いイイ感じのBAR。
sohoのBAR、行ったことないけど、そんな感覚。

お気に入りの台湾のシングルモルト「カヴァラン」に始まり、
蒸留所が不明という謎めいた「フィンラガン カスクストレングス 58度」

刺激臭、アイラっぽい感じ、たまりません。
アイラのウイスキーの最大の褒め言葉それは
「臭い!」
ピーティーでエグいヨウド臭、「好き」か「嫌い」しか存在しないテイスト。
カスクストレングスという加水なしの樽感やスモーキーさも最高。

58度に持って行かれ、3軒目途中にてTKO。

しかし男の酒はロマンと情熱にあるれるひとときを紡ぎ出す良なる時間。