優しきロッカー、ヘボへ

ヘボと出会ったのは十代の終わりか、ハタチを過ぎたころだったか。
始まりは汚ねぇライブハウスだったか、それともポマードの匂いが立ちこめる打ち上げの席だったか。
もう覚えてないけど、最期までやんちゃに生き抜いたヘボを昨日沢山の仲間が見送った。

無茶苦茶なヤツだった、
それ故に愛されたヤツだった。

きっと向こうでジョンに喧嘩売ってるだろう。
シドと飲んだくれてるでしょう。
勝新とはウマが合うだろうな。

そしてこっちを見て、いつもの酔いどれの電話の調子で「お疲れー」って言ってるだろうか。

棺の横のテレキャスターはもう鳴らない。

不良少年が集まったぞ。

ケジメだ。

同い年に逝かれるはきついな。

生ききろう。