無功徳 書道

1日発売の「月刊YoRoZu」21号。

今号は「無功徳」

目先の利益や効果ばかりを求めない、
恩を着せたり、礼がないと憤ったりしない。
見返りを欲しがらぬ、大きな度量と心の余裕。

書くことは自分に無いもの、足りないものを知る行為でもある。

荒ぶる書体がそう言ってるよね。
それが今の現在地。

そこから何を感じ、整理して
どこのようにして成長できるか。

静かに心と対峙する時間でもある。

写真のスペースが余ったので祇園 原了郭の黒七味を配置。
流石の歴史と人気、ジメジメ暑い季節に大量投入中の日々。