書と食4 「ほな、やろか×ポークソテー」

書と食4「ほな、やろか×ポークソテー」

大阪に住む仲間のご両親からダンボールいっぱいの肉が届いた。

嬉しいサプライズ。

早速、書と料理。

何より好きな焼き物はポークソテー。

いい肉だったので余計なことは一切せず、しかし下味、筋切り、火加減、焼き加減、ソースの一切の手を抜かず。

想いに応えるのは想い。

「ほな、やろか」

この関西弁が好き。

生まれも育ちも東京の自分からしたら、いろんな聞こえ方がする言葉。

「ほな、やろか」

訳1 「しょーがないね、誰もやりたがらないなら僕がやりましょか」

訳2 周りに気を遣わせず「では、皆さんぼちぼちやりましょうか」

訳3 よっしゃ、気合い入れて「さぁ、始めようか」

訳4 まぁ見とけよ「バチっとキメてやりますよ」

訳5 肩組んで、拳合わせて「よし、行こうぜ!」

短い中に感情が宿っている言葉。

 

冷蔵庫の余り野菜(色味不足)と残ってた赤ワインで、贅沢な時間になりました。