流 書道

流れというものを自分の都合によって恣意的に操ってはいけない。

そこに過ちが生まれ、悪縁と悪運が生じる。

いやそこにも意味があるのかも知れないし、

それさえ気がつかず自身や環境を恨み続けるかも知れない。

流れに

委ねるだけ、

流れを

受け入れるだけ。

しかし、甘んじるのではない。

ひれ伏すのではない。

まして諦めたりしない。

大義のために立ち向かったり、喜びを分け合ったりするのだ。

そんな思いを込めて。

流。