夜が呼んでいる

外の様子打ち消し
このまま突っ走れ

熱き密談。
ここにいながらに成層圏を越える話。

片手にペンと言うピストル
片手に花束と言うハイボール。

食感上等餃子談義の後、
夜をフラフラ。

背中に人生を!

motenasi calling

昨夜は荻窪初仕事。

the clashが「1977」を歌って歴史を変えたように
ザ・ブルーハーツが「1985」を歌って呪縛を解いたように
高野こうじも2020を歌って、いや、書いてここ荻窪で喜びを紡ぐ。

筆じゃねぇけど(・∀・)

道ゆく人へ。

all need is 鯛。
鯛こそすべて。

荻窪motenasi、
絶品をいただく。
生しらす、宮崎牛のすき焼き、白子の蕪蒸し…

描く、食べる、飲む。

細胞が覚醒する。

看板描き

夏の終わり、
秋の始まり、

秋描く宵。

こんな風に始めます。

あーして、こーして、ビールを飲みながら、一時間。

完成。

それからが長い(´∀`*)

センス満載の料理を堪能。

荻窪motenasiさま、いつもありがとうございます。

さぁ、動き出す、
九月朔日。

気分新たに。