美しい日本語7 洒涙雨

暑さが苦手ですから、7月の今年のこの温度を歓迎しないわけがないのですが
日照時間も短く、体調の変化もあるようなので心配ですね。

動物全般がそうなのか、
ポンタもこの雨続きにちょっとブルー。

そしてお天道様が覗いてくれないから菜園コウジの生育に問題が生じまくる。

農家さんもなかなか育たないので売り物にならなかったり、B級品になってしまうので晴れ間も欲しいところです。

そんな雨の季節には素敵な言葉がたくさんあります。

日本語は実に美しい。

情緒や心の様、距離感がよく表せられた言語だと。

こんな表現があります。

洒涙雨(さいるいう)

七夕に降る雨をこう呼びます。

織姫と彦星の流す涙雨
会えた喜びか、逢えなかった哀しみか。

ちょっと過ぎてしまったけど一日限定の雨にも言葉があるなんて日本語らしい。

美しい日本語7 心映え

一人で飲みに出ることはほとんどない。

交流戦、最下位に喘ぐ我がカープ軍、
2015年から653試合フルイニング出場の記録更新中、
しかし今シーズンずっと結果をだせない田中広輔を
いよいよ見切ってゴールデンルーキー小園を一軍昇格、
即一番スタメンで起用。

震えて待ったよ。

勝利よりも個人の記録が優先される世界じゃない、
厳しいからプロなんだよね。

三連覇を達成させた屋台骨、田中広輔の苦悩、
チームメイトの理解協調、取って変わった高校卒業したての
小園のプレッシャー、首脳陣の決断。

俺もかみしめたよ、いや、わかりゃしないことを百も承知で。
一人で一杯の酒を流し込む。

ハンバーグが美味しいw

変わることを恐れない、しかし過信せずその中の恐れを忘れない。
それが強さではないかと。

コンディションが悪く走ることができないので今朝はゆっくりと長く歩いた。

そこにどう入って行くか。

日本語は実に美しい。

情緒や心の様、距離感がよく表せられた言語だと。

こんな表現があります。

「心映え」

肉体だけがそこへ向かわせるわけじゃない、
心映えが大切なのです。