motenasiの宵

motenasi平川シェフの料理を巡る旅、

20年来の友人の女性起業家とフルコースを堪能。

華やかな食はやはり美しい時間を紡ぐ。

初めて食べた鯵の食感。

知らぬを知る喜び。

雄町のぶっとい味がまた料理と合う。

なにから成形されるか、その根本を見据える。

白子ってすり流すんだね。

料理から発想の源を見つける。

背負わずに抱く。

取り巻く状況は複雑だからこそ、より単純に考える。

さらに仲間たちも加わり、素晴らしい料理とおもてなしに共鳴する会話。

行く道は前だ、

タビゾラを広げる。