times they are changing

男三人、距離を取り密談。

閉店後の花屋さん貸切、アンスリウムを愛でモレッティ。

20代前半地元にいた頃、横田基地沿い16号線の小さなトラットリアにガールフレンドとよく通い、米兵に混じりこのモレッティを飲んでいた。

ちょっと前に書いた「16号線」という当時を描いた曲の歌詞の一部。

「嘘に煙る街、剥き出しのボンネット

悲しみを連れて走る

砂糖たっぷりのカフェオレ、

やっぱりモレッティがいい、

あまり冷えてない。

愚かな亡霊と踊る。

いつものテーブルには

果てを灯すキャンドルゆらめく

ブルーノは言う、

すべてはペティナイフで切り刻めると。

単純な世界だ。」

アーティストたちと飲むと断片が偶然と繋がる。

 

ところで、風雲急を告げる、思わぬ形で日本がうねり出した。

お疲れさまでした。

コロナ禍の中、時代は変わる。

自分の稚拙な歌詞よりもボブディランの短い一言が刺さる

「君の立場になれば君が正しい。僕の立場になれば僕が正しい。」

ふと思えば、コロナだけでなく、改憲、外交、拉致、安保、ジェンダー、IT、少子化、地方創生、格差、気候変動、オリンピックなどやるべきことはたくさんある中、どう進んでゆくのか。

隠蔽、改竄、雲隠れ、責任回避、有耶無耶、忖度、利権、癒着、7年半の負をぶった斬るとき。

諦めず、どうなるか、注視してみよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)