wise&stupid、発動

半年ほど前、行きつけのライブハウスのカウンターでさっきまでステージで歌ってた彼は俺に一杯のビールをおごってくれた。

乾杯をして、他愛のない会話の中で落ちてきた「今度一緒に何か作らへん?」

それ以上の言葉は次のバンドの演奏でかき消された。

そして後日、幾つかの短い文章を交換した。

それまでにお互いことはよく知っていたし、わずかな言葉と一片の詩でイメージは重なった。

「wise&stupid」、バンドでもアコースティクユニットとも違う。

創造の森を往く二匹のコヨーテ。囚われなき疾走、闇からの咆哮。

 

第一弾、The Clashの「should i stay or should i go」オリジナル日本語詞版。

一緒に旅に出よう。

☟以下クリックで観れます。

https://www.youtube.com/watch?v=RZeSZ1z0JVo

イメージが出来上がった後のコロナ禍。リモートレコーディング、リモートシューティングです。

 

歌詞はこちら

「stay or go」

どうだやらないか
のるかそるか
待つのはもう終わり
時間もないんだ
テーブルのワインは
もう空っぽさ

シドが吠えていた
戦うか逃げ出すか
ありふれた言葉の
森から抜け出せ
悪魔の運び屋
月夜に吠えながら

のるかそるかバンビーノ
やるかやらないか
コウモリに乗って
夜の河を渡れ
闇の向こう

いつかこの銃で(This indecision’s bugging me)
過去の君を殺す(If you don’t want me, set me free)
どうすればいい?(Exactly whom I’m supposed to be)
そう今を感じる(Don’t you know which clothes even fit me? )
ほら何が見える?(Come on and let me know)
燃えて灰(high)になれ(Should I cool it or should I blow? )

行くも引くも道さ
飛ぶが沈むかさ
コヨーテのよう
夜の森を走れ
闇の向こう
風となって進め

やるかやらないか
コウモリに乗って
夜の河を渡れ
闇の向こう
感じながら進め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)