YoRoZu 23号

発売中の月刊YoRoZu 23号。

今号の作品。

苛烈な過去を越え、自己犠牲を厭わず、救ってもらった恩義を忘れずに頑張っている人に宛てた詩。

<闇の中で見つけた光、
 キラキラと眩しくでも
 ギラギラと刺すでもなかった。
 浮き雲のよう
 ふわりと柔らか。
 
 触れるには遠すぎるけど
 無窮の痛みから抜け出せる気がした。
 
 少しずつやってみる、誰のためでもなく
 そう、わたしのために。
 命をかけた
 「わたしのため」は
 必ずや
 「誰かのために」になる>

理屈や批判だけが上手くなる人生、
もしくは、ぼーっとしてダラダラとしている日々。

自戒を込めてそんなものを自分の手で振り払う。

暑さや疲れの言い訳に「この今」を絡め取られてたまるか。
「明日でいいっか」の繰り返しでは魅力はすり減って行くだけ。

気がつかなきゃ。

背筋伸ばし、思考と行動を伴い、
自らの意思を持ってやる。

頻繁に会うわけではないが
そう教えてくれる人たちがいる。

やろう、

明日の約束なんてない。